Pocket

おしるし、前駆陣痛はお産が近づいたサインです。

妊娠37週に入ってからは、いつお産が始まっても不思議ではありません。ママの体には、お産が近いと知らせるサインが出てきます。

おしるし

おしるしは少量の出血のことです。お産が近づくと、子宮が軽く収縮して、卵膜が少し剥がれ、出血してくるのです。

ほとんどが少量ですが、多めのママも。すぐに気がつくと赤い色ですが、時間がたつと茶色に変色します。出血?と思ったらすぐに診察を受けて、トラブルによる出血でないことを確かめてもらいましょう。

おしるしがあると、だいたい1~2日で陣痛が起こることが多いでしょう。ただ、最近はおしるしのないママも増えています。

前駆陣痛

周期的な痛みを伴うおなかの張りが陣痛です。

37週ごろになると、前駆陣痛といって、ときどき下腹がキュッと痛くなることがあります。お産の始まりの陣痛と違って、間隔は不規則です。前駆陣痛があると、だいたい1~2日以内に本当の陣痛が来ることが多いものです。心構えをしましょう。

ただ不規則でも、おなかが痛くなったら必ず受診して、心配な痛みかどうか、赤ちゃんが元気かどうかをみてもらいましょう。

前駆陣痛なら、自宅に戻って様子を見るように言われることが多いのですが、そのまま入院になることもあります。

周期的におなかが張って痛い時は陣痛でしょう

規則的な間隔で、おなかが張って痛くなったら、ほとんどが陣痛です。だいたい30分か40分おきの間隔になってから、気がつくママが多いようです。

陣痛の発来には、副交感神経が関係しているので、夜中寝ている時に起こることが多いようです。

お産の開始は10分おきに周期的に陣痛が起こってきたときです。

初産婦さんは10分おき、経産婦さんは15分おきになったときが、入院のタイミングち言われていますが、最近ではリスクを避けるために早めに受診するように、すすめる病院が増えています。

お産の進み方には個人差があり、初産婦さんでも早く進むことがあります。陣痛に気がついたら、間隔は気にせず、早めに受診しましょう。