Pocket

5月の着せ方 何を何枚必要?

1月生まれ ベビーの肌着

肌着2枚

短肌着  コンビ肌着

新生児期は大人と同じ枚数が目安

新生児期は短肌着とコンビ肌着を重ねて2枚、またはコンビ肌着とウエアを1枚重ねてもOK。

大人と同じ枚数を目安に着せてみて。

4月生まれ ベビー

着せ方ポイント ママの感覚で着る枚数と種類を考えてもOK

5月は暑さを感じる日も。ママが暑いと感じたら、肌着を1枚にして、バスタオルを掛けるなど、臨機応変にしてあげて。暖かい日は多いですが、昼夜の気温差で体を冷やさないように、はおりものや掛けるもので調節を。

3月生まれ ベビー

ここが落とし穴 昼夜の気温差が落とし穴。こまめに調節を

日中は暑くて、肌着1枚で過ごせても、夕方ごろからひんやりすることもあるので注意。1日の中での気温変化に合わせて、エアコンを入れたり、ベストをはおらせたり、掛けるものを足したりと、適宜調整が必要でしょう。

5月生まれの予定はまずこれを揃えよう!!

ベビーウエア

肌着

短肌着・・・4~5枚

コンビ肌着 or 長肌着・・・4~6枚

ウエア

薄手のツーウェイオール or ベビードレス・・・2~3枚

調整アイテム

薄手のベスト or カーディガン・・・1枚

肌着で過ごす日が多くなるので、ウエアは少なめの用意でOK。カーディガンは肌着1枚のときや、夏の冷房よけにも使えるので、あると重宝します。

生後1ヶ月 梅雨冷えで肌寒い日も6月

おくるみ

サイズの目安:50~60cm

肌着1枚

コンビ肌着 

寒いときはかけるもので調節

梅雨の雨続きで肌寒ければ、肌着1枚の上にかけるもので温度調節を。掛け過ぎて、汗ばんでないかチェック。

生後2ヶ月 夏本番7月

肌着は赤ちゃん2

サイズの目安:50~60cm

肌着1枚

コンビ肌着 or 短肌着

室内は肌着1枚でOKです

コンビ肌着や短肌着など、肌着1枚で◎。袖がある方が、わきの汗もしっかり吸収します。

生後3ヶ月 真夏日が続き、汗が心配8月

肌着は赤ちゃん

肌着1枚

コンビ肌着 or 短肌着

真夏は肌着1枚で

基本的に吸収性のいい肌着1枚で過ごせます。首がすわれば、かぶりのボディ肌着も◎。袖なしは避けましょう。

5月生まれの着せ方・揃え方

・生後0~1ヶ月は肌着2枚でOK

・1ヶ月以降、冷える日は肌着1枚+1枚 or 掛けるもので調節

・足が出るボディ肌着は産後の買い足しでOK1

5月 予定日別アドバイス

5月初旬

朝晩の気温差で体を冷やさないように

一日中肌着1枚だと、夜は気温が下がってひんやりする日も。気温変化に合わせて、もう1枚足したり、羽織ものや掛けるものなどでこまめに調節を。着せすぎると、汗で湿疹がでることもあるから注意して。

5月中旬

赤ちゃんは暑がりだけど、夏物は少し待って

赤ちゃんは汗っかきですが、半袖のボディ肌着などは新生児期に着せにくい上、サイズが合わなかったり、体の成長とマッチしなかったりすることがあります。夏物は赤ちゃんの様子を見て購入するのがおすすめ。

5月下旬

外出するときは紫外線対策も忘れずに

新生児期には外出機会は少ないですが、この時期生まれは1ヶ月健診などに行く時に、紫外線対策が必要な場合も。産前に紫外線カットする帽子や、ケープなどの情報をチェックしておくといいでしょう。