Pocket

妊娠がはっきりしたら、市町村役場で手続きをすると、母子健康手帳がもらえます。

母子健康手帳

母子健康手帳は市町村役場に「妊娠届」を提出すると、無料で交付されます。病産院による妊娠の証明書が必要な市町村もあるので、事前に確認しましょう。また、母子健康手帳は赤ちゃんに1人につき、1冊交付されるので、双子ちゃん以上の場合はその子1人にもらってあげましょう。

赤ちゃんが生まれてから、必要になる書類など、すぐに使わないものもありますが、一度目を通じておきましょう。

母子健康手帳は表紙デザインや大きさ、ページ数など、市町村によってさまざまですが、妊娠・出産の記録、赤ちゃんの成長記録、予防接種の記録など、コアになる部分は全国共通です。

妊娠健診、出産、赤ちゃんの健診・予防接種などの記録になります。

赤ちゃんの健診・予防接種

母子手帳はママと赤ちゃんの健康記録として、小学校入学まで使います。妊娠健診や乳幼児健診、予防接種のときの必須アイテムですし、赤ちゃんが病気で受診するときも持参するほうがいいでしょう。

妊娠中

妊娠中

妊娠健診の体重(体重、尿検査、子宮底長など)は母子手帳に記入されるので、自分でも妊娠経過がわかるし、里帰り出産や転院したときの情報源になります。

旅行にでるときなどは念の為に持って行くといいでしょう。万一、緊急事態になったときに役に立ちます。

出産のとき

出産のとき

出産のとき

出産の状態、生まれた時の赤ちゃんの状態、産後の母体回復の状態などが記録されます。

また、赤ちゃんの出生届を出す時に、母子手帳を持参して、手帳の中の「出生届済証明」の欄に役所で判を押してもらいましょう。

乳幼児健診のとき

乳幼児健診

赤ちゃんの発育・発達が順調かどうか見るためにも、母子手帳は必須です。

質問票は健診前に記入し、聞きたいことや気がかりなことをメモしておくといいでしょう。

予防接種のとき

予防接種

生後3ヶ月ごろから予防接種を順番に受けていきます。これらの予防接種を持参し、記録をつけます。

赤ちゃんが病気で受診するとき

赤ちゃんが病気で受診

風邪や発熱、発達の遅れなどで受診するときも、母子手帳を持って行きましょう。赤ちゃんの健康状態をチェックするとき、妊娠経過や出産の状況、赤ちゃんの発育・発達の具合などが重要な情報になります。