Pocket

妊娠中の体重が増えすぎると、妊娠中のトラブルも多く、難産になる傾向があります。

妊娠中の体重

妊娠すると、赤ちゃんの分で体重が増えるのは当然ですが、赤ちゃんの分は胎盤、羊水を合わせても6~7kg程度です。

脂肪のつきやすい妊娠中

脂肪のつきやすい妊娠中

妊娠中は赤ちゃんの栄養補助や、分娩・産褥期の準備のため、ホルモンの働きで、体がカロリーを蓄えようとし、ママ自身の体に脂肪がつきやすくなります。

また、妊娠中はどうしても運動量が減るため、消費カロリーが少なくなります。

このように、妊娠中は太りやすい条件が揃っているので、食欲にまかせて食べていると、次に挙げるようにトラブルを起こしがちです。

妊娠中に太り過ぎると、妊娠中毒症や妊娠糖尿病になりやすくなります。

太り過ぎると、起こりやすくなるトラブル

・難産になりやすい。

・産後、地緩出血を起こしやすい。

・産後、体重が戻りにくい

・妊娠中毒症になりやすい。

妊娠糖尿病になりやすい。

赤ちゃんが大きくなりやすい。

妊娠前の体形によって 体重管理の目標値は違います。 標準体形で十7gが理想的

妊娠前の体形によって 体重管理

妊娠中の体重増加の目安は妊娠前の体形によって異なります。最終的な体重の増加は、妊娠前に標準だった人はだいたい妊娠初期に1kg、中期・後期に各3kg、トータル7kgぐらいを目安にしましょう。痩せ型だった人はトータル13kgぐらいまで、もともと太っていたひとは5~6kgぐらいまでを目安にしてください。

体重管理のポイントは3つ

食事のカロリー

食事のカロリーは気をつけること。つわりの時期が過ぎてなんでも、食べられるようになったら、1日の総カロリーが2000kcal位を目標にするといいでしょう。

適度な運動

次に適度な運動を続けること。食生活だけでなく、運動でカロリーを消費し、代謝を促進させればさらに効果があります。楽しく出来て自分に合った運動を続けましょう。ただし、体の調子が悪い場合は休み、くれぐれも無理はしないでください。

こまめに体重を量ること

1周間に1回ぐらいは体重をチェックしましょう。急に増えているようなら、食事や運動、生活リズムを見直す必要があります。

規則正しい食生活、適度な運動が、体重管理の2大ポイントです

規則正しい食生活、適度な運動

妊娠中の体重管理の柱は・規則正しい食生活と適度な運動です。まず妊娠中の生活週間を見直すことから始めてみましょう。

妊娠中の献立は、いろいろな食材を組み合ゎせて栄養のバランスをとりましょう。野菜
をたくさんとるようにすると、カロリーも抑えられ、不足しがちなビタミン類も補えます。
揚げる、妙めるより、ゆでる、煮るなど調理方法を工夫してカロリーを下げましょう。

また、1日3回の食事は、決まった時間帯にとるようにしてください。食事と食事の間
隔が開きすぎると、おなかがすいて、ついたくさん食べてしまいがちです。毎日なるべく
決まった時間にゆっくり食べて、完食は控えましょう。

どうしてもおなかがすいてしまう人は、食事の回数を多くして、1回の食事量を減らし
てみてください。昼にはおかずだ皆食べておやつに、おにぎりを食べるなどして、トータ
ルでの1日の摂取カロリーが2000kcalぐらいを目標にしましょう。

夜は昼間に比べて活動量が減りますから、カロリーが消費されず、体に脂肪が蓄積され
がちです。できれば夜8時ごろまでに夕食をとるようにしましょう。また、夜更かしをす
ると、つい夜食を食べてしまいがちですが、夜食は体重管理の大敵です。早寝早起きをし
て、毎日親則正しい生活を心がけてください。

太りすぎないためには・よくかんで、ゆっくり味わうことも大切です。食べるのが速い
と、おなかがいっぱいになったというサインが脳の満腹中枢に送られる前に、たくさんの
食べ物が胃の中に入ってしまいます。早食いは改めましょう。

妊娠中の食事は薄味が基本です。濃い味つけは塩分が多く高血圧になりがちですし、味
のバランスをとるために・ごほんやパンなどもたくさん食べて、カロリーオーバーになり
やすいものです。生活習慣病の予防のためにも、薄味に慣れるようにしてください。

適切な運動も

妊娠中の体重管理を成功させるには、適度な運動もポイントです。

妊娠中だからといって、動かないでダラグラ過ごしていると、つい食べ物に手が伸びて
しまいます。意識して体を動かし、カロリーを消費しましょう。体を動かすことは体重管理に有効なだけでなく、気持ちをリフレッシュさせてくれる効果があります。