Pocket

職場で快適に働くには、妊娠を報告して、無理せず、甘えず、きちんとすること

◆職場への報告

職場への報告

職場に報告する時期に決まりはありませんが、仕事の割り振り、人員の補充、異動などがあるので、流産の可能性の低くなる妊娠10過すぎには伝えておいたはうがいいでしょう。

また、つわりで苦しいとき、健診で休みをとらなければならないときも、知らせておけば、職場の協力を得やすいでしょう。「育児休暇後、復帰する」「妊娠〇カ月で退職する」などの意思表示も、はっきりと示しておきましょう。

◆つわり対策

つわり対策

ガムやキャンディーなどをバッグに常備しておくと、仕事中、空腹で気分が悪くなった
ときやムカムカしたときに役に立ちます。人込み、食品や化粧遍などまわりのにおい
が気になるときは、マスクを用意しておくと良いでしょう。

ひどいつわりのときは、仕事も思うように進まないものです。職場に事情を話し、思いきって2、3日休むのも一つの方法です。

◆通勤対策

通勤対策

通勤電車の中で、押されたりするのは、妊婦さんでなくてもつらいもの。通勤時間をずらしたり、少し遠回りでも始発駅から来るなどの工夫を。

また、おなかが大きくなるとバランスをくずしやすいので、安定がよく、歩きやすい靴にしましょう。

◆エアコン対策

エアコン対策

冷房による冷えすぎには注意が必要です。直接風が当たる場合は、席を替えてもらうと
いいでしょう。職場での寒暖の調節には、カーディガンやソックスなどを用意するようにしましょう。

◆外食対策

外食対策

妊娠中は、栄養バランスのとれた食事を3食きちんと、親別正しくとることが大切です。会社勤務の場合、外食も多くなりがちですが、塩分、油分を控えたメニューを選ぶように心がけましょう。

自宅では心身ともにリラックスしましょう。

◆家事はペースダウン

家事はペースダウン

家では、ゆっくり休んでリフレッシュして。睡眠を十分にとりましょう。

掃除の回数を減らす、洗濯物はクリーニングに出す、買い物は宅配を利用するなどして、体を休めましょう。疲れて、食事の支度が大変なときは、外食や市販品を利用しましょう。仕事も家事も今まで同様にしようとせずに、ペースをゆっくりめにしましょう。

また、パパにも家事を分担してもらいましょう。

◆休日はゆっくり疲れをとって

休日はゆっくり疲れをとって

平日はどうしても職場のペースに合わせていますから、休日はのんびりマイペースで過
ごしましょう。「たまった家事は休日にまとめて」などと、張りきりすぎないことも大切
です。

また、休日のたびに今までのペースであちこち遊び回るのも考えもの。遊びに行っても、
休憩をまめにとるようにしましょう。パパと一緒に散歩に出かけたり、買い物に行って、食料品をまとめ買いしたり、育児用品を見たりするのもいいですね。

また、保健センターや産院などで行う両親学級は、土曜日に開かれることも。パパを誘
って参加するのもおすすめです。

◆産後も働くつもりなら、下調べを

産後も働くつもりなら、下調べを

産後、仕事を続けるのか、いつから復帰するのか、赤ちゃんはどこに預けるのかなど、
パパとよく話し合っておきましょう。育児休業制度は、子どもが出生した日から
満1才に達するまでの間で、申し出た期間を取得することができますが、具体的な規定は、
勤務先や雇用形態などによって異なります。事前によく調べておきましょう。

赤ちゃんを保育所に預けるつもりなら、保育所の場所、定員、保育時間、保育時間の延長
制度があるかどうかなども下調べが必要で環住んでいる地域の福祉事務所や役所の保育課に問い合わせたり、近所の先輩ママに開いてみるといいでしょう。