マタニティボックスの中には専門家が厳選した出産準備グッツが入っています。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 出産情報

出産情報

お客様の声 30代女性

夫婦2人だけの時間を満喫できました。 マタニティボックス購入で出産準備の時間が節約することができました。 出産をした後は夫婦2人だけの時間は取れないので、出産前に充実した時間を過ごすことができました。 2人目以降の出産に …

夫婦

お客様の声 20代女性

安心して出産準備が進められました。 出産準備に何が必要か分からなくて、不安だったのですが、マタニティボックスを購入したおかげで、簡単に出産準備が整いました。 お値段の方も1万円以上お得になるということで、大変満足していま …

専門家厳選の商品

数百種類の中から選ばれた商品   マタニティボックスに入れる商品は専門家によって選ばれた商品が入っています。 以下の3つの基準で選定されています。 安全性が高い。 赤ちゃんが使いやすい。 お母さん、お父さんがつ …

助産師

絶対に知っておきたい妊娠中の基本的な姿勢!!

大きなおなかではバランスを注意しましょう。 おなかが大きくなると、体の垂心が前に移動します。そのため、バランスを取るために背中を反らしがちになります。お腹が大きくなると、その姿勢で立ったり歩いたりするようになります。 そ …

大きなおなかではバランスを注意

高齢出産の気がかりを解決!!心配を無くして出産しましょう!!

30代の出産は増えている? 初めて赤ちゃんを産むママの年齢を調べたところ、、初産の人の約3人に1人は30代です。 昔は30以上の初産を高齢初産としていましたが、現在では30代で初産をする人が多くなっています。しかも30代 …

30代の出産

妊娠中の薬 あなたの認識は間違っているかも?正しい知識を身につけよう!

妊娠中でも、妊婦さん、赤ちゃんの具合が悪い時は薬を飲む場合があります! 妊娠中、妊婦さんが薬を飲むと、胎児に影響を与える可能性があります。これが拡大解釈されて、「妊娠中の凛は怖い」「妊娠中は薬は飲めない」と考える人が多い …

妊娠中の薬

妊婦さんが快適に働くには?ワーキング妊婦の賢いマタニティライフとは?

職場で快適に働くには、妊娠を報告して、無理せず、甘えず、きちんとすること ◆職場への報告 職場に報告する時期に決まりはありませんが、仕事の割り振り、人員の補充、異動などがあるので、流産の可能性の低くなる妊娠10過すぎには …

職場への報告

妊娠中の体重管理レッスン 無理なく簡単な体重管理の方法は?

妊娠中の体重が増えすぎると、妊娠中のトラブルも多く、難産になる傾向があります。 妊娠すると、赤ちゃんの分で体重が増えるのは当然ですが、赤ちゃんの分は胎盤、羊水を合わせても6~7kg程度です。 脂肪のつきやすい妊娠中 妊娠 …

妊娠中の体重

母子健康手帳って何?便利な使い方も!!

妊娠がはっきりしたら、市町村役場で手続きをすると、母子健康手帳がもらえます。 母子健康手帳は市町村役場に「妊娠届」を提出すると、無料で交付されます。病産院による妊娠の証明書が必要な市町村もあるので、事前に確認しましょう。 …

母子健康手帳

5月生まれ ベビーの肌着・ウエア「何を何枚」必要?徹底ガイド

5月の着せ方 何を何枚必要? 肌着2枚 短肌着  コンビ肌着 新生児期は大人と同じ枚数が目安 新生児期は短肌着とコンビ肌着を重ねて2枚、またはコンビ肌着とウエアを1枚重ねてもOK。 大人と同じ枚数を目安に着せてみて。 着 …

5月生まれ ベビー
1 2 3 4 »
PAGETOP