Pocket

◆哺乳瓶はいつ卒業

A:離乳食をしっかり3回食べられるようになったら
個人差がありますが、1歳~1歳半が哺乳瓶卒業の目安です。

哺乳類を卒業のメリット

ミルクを飲むことで食欲が減退してしまう

食欲が減ることで離乳食から栄養がとれなくなってしまいます。
これによって、赤ちゃんの栄養が不足することがあるようです。ですので、歯が生えてきたら、哺乳瓶を卒業して、離乳食にしてあげるのが良いでしょう。

虫歯リスクが高まる

また、歯が生えてきた段階で哺乳瓶を使っていると虫歯になるリスクが高まるります。
特に就寝時のミルクが虫歯の原因になる危険性があります。ですので、歯が生えてきたらミルクを卒業して、離乳食にして、口内ケアを徹底することが大事でしょう。

以上、哺乳瓶はいつまで?でした。

いつまで?→1歳~1歳半が哺乳瓶卒業の目安です。体の変化として、歯が生えてきたら離乳食から卒業するのがいいでしょう。

赤ちゃんの情報はこちらからも発信しています。

新生児の準備を完璧に済ませたいなら「ベビーボックス」が良いでしょう。