Pocket

↓のヒントを利用して妊娠中の痛みやストレスを軽減しましょう。

あなたの出生経験をもっとずっと簡単にするために、あなたができることが12のあります。

1. 母親学級に参加する

https://www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_1032.html

まず、できるだけ早く母親学級に登録しましょう。そしてできるだけ母親芽球に参加しましょう。母親学級で妊娠出産に関する質問をしましょう。

バカげた質問をしても問題ないです。積極的に妊娠について知ろうとすることが大切です。

出産準備の準備は早ければ早いほどいいと言われています。

2. 強さと弱さを見つける

次に、あなたの体が出産できるように体を整えることが大事です。

特にヨガが良いでしょう。ヨガは体全体を強化し、柔軟性を高め、そしてあなたにスタミナを与えます。さらに、あなたの心をリラックスさせるのを助けます。

3. 不快な映像は見ない

また、不快な映像を見ないことも大事です。

不快な物語や落ち込む言葉は分娩中に悪いに影響を及ぼします。また、精神的な障害を引き起こすことがあります。

そのため、不快な状態を避ける必要があります。

例えばテレビやSNSで不快な映像が流れた場合は見ないようにすることが大切です。

4.準備する

出産後の準備をする。出産直前に出産後の準備をするのは遅すぎます。

準備が最も重要です。妊娠の初めに不安や分娩に不安を感じているのであれば、医師に質問するのが大切です。

5.サポートを求める

信頼できる家族や友人に妊娠報告をし、サポートを求めることも大切です。

あなたが思っている以上に出産は大変ですので、サポートしてもらえる人を見つけておくことが重要になります。

6. 出産テクニックを学びましょう

さまざまな呼吸方法や分娩位置、産時の痛みを管理するためのいくつかの効果的なテクニックを学びましょう。

効果的な疼痛緩和手段が利用可能であることを知ることは、あなたの不安を軽減するのに役立ちます。

薬や他の選択肢については事前に医師に相談し、あなたの出産計画を作成してください。

出産テクニックは↓から学ぶと良いでしょう。

7.運動しましょう

運動するのも大事です。立ったり、歩いたり、ひざまずいたり、スローダンスをしたり、座ったり、しゃがんだりなどの直立姿勢では、重力によって赤ちゃんを上下に動かすことができます。

あなたの体を前後に揺り動かすことは赤ちゃんを正しい位置に動かすのを助けます。

8.出産シーンを設定しましょう

出産シーンをイメージし、いい環境を整えておきましょう。

ほとんどの女性にとって、分娩中は暗くて静かな環境が理想的です。

そのため、看護師またはパートナーに光を薄暗くして騒音を最小限に抑えるように依頼してください。

9. リラックス

母親は、自分自身を深くリラックスした状態にする方法を学ぶことが必要です。

個人によってリラックスの方法が違いますので、自分のリラックスする方法を覚えておきましょう。

10.お風呂に入りましょう

お風呂の暖かさと無重力はあなたの陣痛全体を通して心を落ち着かせることができるので、あなたが暖かい浴​​槽に入れる場合は入ってください。

11.マッサージをしてみる

マッサージは脳の気持ちの良い化学物質であるエンドルフィンを放出しますので、マッサージをしてリラックスすることも必要でしょう。

12.自分に忠実であり続ける

妊娠はあなたを変身させます。これまでは現れなかった感情や欲求が現れることが多々あります。

それらの感情に耳を傾けますが、全て行おうとは思わないでください。

適度に気分転換をするのはいいでしょう。

13.あなたの恐れを共有しましょう

怖いと思うことを積極的に医者に言いましょう。躊躇しないでください。

話すだけで解決するかもしれません。また、不安を軽減する方法についてのアイデアを持っているかもしれません。

医者が聞いてくれない場合や同情に欠けているようであれば、新しい医者を見つけることを検討してください。

以上、出産や妊娠に備えるための13のヒントでした。

もっと、出産準備を楽にするにはベビーボックスがおすすめ

https://maternity-box.com/2016/03/20/gensen/